ここから本文です

中国大陸からの訪台旅行者数、今年上半期は前年同期比3.6%増

中央社フォーカス台湾 7/3(日) 18:39配信

(台北 3日 中央社)台湾の対中国大陸政策を担当する行政院(内閣)大陸委員会は6月30日、今年1月1日から6月29日までに中国大陸から訪台した旅行者は161万人で、昨年同期比3.6%増になったと発表した。

同委員会の邱垂正副主任委員によると、団体旅行者が3.6%減となった一方、個人旅行者は13.7%増加したという。今年5~6月では団体旅行者が昨年同期比で約3割減少し、個人旅行者が約1割増加した。

ただ、最近は訪台旅行の申請件数が減少しており、今後旅行者数に影響があるだろうとしている。

(繆宗翰/編集:齊藤啓介)

最終更新:7/3(日) 18:39

中央社フォーカス台湾

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

うん、核融合炉を作ったよ
核融合こそ未来のエネルギー問題への答えであり、子どもにだって世界は変えられる、テイラー・ウィルソンはそう信じています。そして彼はそのどちらにも取り組んでいます。14歳の時に家のガレージで核融合炉を作り、17歳となった今、直前の依頼に応えてTEDのステージで自分の物語を(手短に)語っています。