ここから本文です

ケンコバ&原泰久「キングダム展」のオープニングセレモニーに出席

お笑いナタリー 7月3日(日)9時30分配信

7月30日(土)から9月4日(日)まで佐賀・佐賀県立美術館で開催される「キングダム展 in 佐賀」のオープニングセレモニーにケンドーコバヤシが登場する。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「キングダム展 in 佐賀」は、中国の春秋戦国時代を舞台にしたマンガ作品「キングダム」のカラー複製原画や絵コンテなどが展示されるイベント。キャラクターの1人・河了貂が「キングダム」10周年の歩みを紹介するブースや、オリジナルグッズの販売コーナーなども用意される。

30日の9時半より行われるオープニングセレモニーには、「キングダム」の大ファンとして知られるケンコバのほか、佐賀出身の原作者・原泰久も出席。この様子は一般の参加者も観覧できるので、お近くのファンは会場に足を運んでみては。

キングダム展 in 佐賀
会期:2016年7月30日(土)~9月4日(日) ※毎週月曜日は休館。時間:9:30~18:00(初日のみ10:30に開場)会場:佐賀・佐賀県立美術館入場料:無料

(c)原泰久 / 集英社

最終更新:7月3日(日)9時30分

お笑いナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。