ここから本文です

和島あみ2ndシングルでグドモ金廣が再び曲提供、作詞は大石昌良

音楽ナタリー 7月3日(日)10時0分配信

和島あみが8月10日にリリースする2ndシングル「永遠ループ」で、表題曲の作曲をグッドモーニングアメリカの金廣真悟、編曲をeba、作詞を大石昌良が担当したことが明らかになった。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「永遠ループ」は現在放送中のテレビアニメ「クロムクロ」の、7月からオンエアされる新エンディングテーマ。金廣とebaの2人は、5月に発売された和島のメジャーデビューシングル「幻想ドライブ」に続いて彼女の楽曲制作に参加することになった。

作詞を担当した大石は「今回の歌詞のテーマは『自分探し』。繰り返される毎日は、まるで出口のない巨大迷路のよう。そんな場所から自分というアイデンティティを振りかざして、いかに脱出するのか。現役高校生という和島さんから放たれる、ある意味リアルタイムで説得力のある歌声に、『クロムクロ』の作品の中で描かれる主人公とヒロインの葛藤や焦燥感を重ねながら、この『永遠ループ』を書き上げました」と歌詞に込めた思いを説明。

そして金廣は「前作の『幻想ドライブ』が完成した後すぐに、この『永遠ループ』の作曲の話を頂きました。対談の取材で和島さんに会った時に、話したくて話したくて仕方なかったのですが、大人らしく我慢していました(笑)そして、今回作詞を手掛けているのが普段から仲良くさせてもらっている大石君で嬉しかったです。題名通り、永遠ループして聴いてもらえると嬉しいです」とコメントしている。

最終更新:7月3日(日)10時0分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。