ここから本文です

新車登録台数、スズキが前年比42.2%の大幅増…2016年上半期ブランド別

レスポンス 7月3日(日)18時0分配信

日本自動車販売協会連合会が発表した2016年上半期のブランド別新車登録台数によると、『イグニス』『バレーノ』などを投入した6位スズキが前年同期比42.2%増の6万2221台と、全ブランドトップの伸び率を示した。

[関連写真]

トップのトヨタは同2.1%増の74万3504台、2位日産は同2.1%減の20万2345台、3位ホンダは同0.6%増の19万8665台だった。そのほかでは、9位レクサスが同26.3%増の2万8421台と大幅増。一方、4位マツダは同23.9%減の8万6591台と、大きく数字を落とした。

1位:トヨタ 74万3504台(2.1%増)
2位:日産 20万2345台(2.1%減)
3位:ホンダ 19万8665台(0.6%増)
4位:マツダ 8万6591台(23.9%減)
5位:スバル 6万2221台(5.8%減)
6位:スズキ 5万4428台(42.2%増)
7位:いすゞ 3万7313台(3.2%増)
8位:日野 3万1182台(4.4%増)
9位:レクサス 2万8421台(26.3%増)
10位:三菱ふそう 2万2681台(3.3%増)
11位:三菱自動車 2万1927台(15.8%増)
12位:UDトラックス 5062台(12.0%減)
13位:ダイハツ 2034台(146.5%増)

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:7月3日(日)18時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]