ここから本文です

女ばかりの『ゴーストバスターズ』!いったいどんな映画に仕上がった?

シネマトゥデイ 7月3日(日)15時2分配信

 幽霊退治会社の奮闘をコミカルに描く映画『ゴーストバスターズ』の謎につつまれていた内容が少しずつ明らかになってきた。(編集部:下村麻美)

『ゴーストバスターズ』予告編映像

 オリジナルは1984年に公開され大ヒットした『ゴーストバスターズ』で、テーマ曲は大ヒットし社会現象にもなった。ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、故ハロルド・ライミスさんら男性がゴーストバスターズのメンバーだった。新作では、女性4人となることはすでに公表されているが内容に関して多くは明かされてこなかった。8月19日の公開を前に、本作の撮影中に監督のポール・フェイグと4人のバスターズであるクリステン・ウィグ、メリッサ・マッカーシー、ケイト・マッキノン、レスリー・ジョーンズが、内容について明かした。

音楽はあの大ヒット曲だけでなく新曲も

 一世を風靡したレイ・パーカー・ジュニアの『ゴーストバスターズ』のテーマ曲の起用は早い段階で決まっていた。ポール・フェイグ監督は、この曲を使わないという選択肢はなかったという。しかし、新しい『ゴーストバスターズ』を作るにあたって、音楽好きを公言するポール監督は、あの大ヒット曲に代わる、これぞ新『ゴーストバスターズ』といえる新曲も取り入れているということも明かした。

乙女な部分も見せるバスターズ!

 80年代、社会現象になった『ゴーストバスターズ』だけにごっこをした男の子は多かった。ゴーストを吸い上げるプロトンパックを掃除機に見立てて背中にしょってお母さんに怒られたわんぱく男子も多かったとか……。しかし、メリッサは、それを男の子のものとは思っていなかったという。「私はゴーストバスターズの真似をしたし、自分はなれると思っていた……大人になると、自分はなれるとは思わなくなったけれど。つまり、子供の時の私のほうが正しかったということよ」と夢がかなったことの喜びを語った。ビル・マーレイ、ダン・エイクロイド、故ハロルド・ライミスさんらのキョーレツなキャラクターからゴーストバスターズは男性というイメージだが、新ゴーストバスターズは、爪が割れてすごく怒るシーンが出てきたりと“女子”な部分も見え隠れするという。

1/2ページ

最終更新:7月4日(月)19時12分

シネマトゥデイ