ここから本文です

稲村亜美 始球式で大谷とまさかの対戦「当てないように外角を意識」

東スポWeb 7月3日(日)13時41分配信

「神スイング」でおなじみのグラビアアイドル・稲村亜美(20)が3日、ソフトバンク―日本ハム戦(ヤフオク)で始球式を行った。

 対戦した打者は、まさかの「1番・投手」で先発出場した大谷。緊張した稲村が投じた直球は外角に外れて、ストライクとはならず「(1番・大谷で)本当にビックリした。昨日の夜に『打者・大谷だったら面白いね』と話をしていたら、現実になった。構えもすごくて、とにかく当てないように外角を意識して投げました。異色の始球式でしたね」

 球速は97キロとふるわず「遅い」とガックリ。その直後、大谷が初球を本塁打したと知ると「さすがですね! 大谷さん、おめでとうございます」と目を丸くした。

最終更新:7月3日(日)13時56分

東スポWeb

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)