ここから本文です

【特報映像】「ザ・ビートルズ」熱狂の世界ツアーを追う!カラー初公開映像も

cinemacafe.net 7月3日(日)19時0分配信

最新作『インフェルノ』が10月に公開される『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズのロン・ハワード監督が、「ザ・ビートルズ」の世界ツアーと初期のキャリアに迫ったドキュメンタリー『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』。このほど、カラーで蘇った初公開映像も含む、待望の日本版特報映像が到着した。

【写真】「ザ・ビートルズ」

1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、「ザ・ビートルズ・アンソロジー」から実に21年ぶりの「ザ・ビートルズ」ドキュメンタリーとなる本作。先日は、公式ポスターとともに、日本武道館のステージに上がるメンバーの後姿をとらえたモノクロの日本限定デザインのティザーポスターも解禁となり、話題を呼んだばかり。今回は、その1966年6月30日の来日武道館公演から50周年に合わせ、日本版特報が公開された。

映像では、1965年8月15日、ニューヨークのシェイ・スタジアムで行われたコンサートにおいて、大熱狂の中に迎えられた「ザ・ビートルズ」の登場シーンで始まっている。これは、1962年にイギリスの音楽シーンに現れた4人の若者が、世界的に人気を爆発させ、15か国90都市におよぶワールドツアーを行っていた中でも歴史に残る伝説のライブとされている。当時、野球場でコンサートを行ったのは彼らが初めて。シェイ・スタジアムには5万6000人もの観衆が集まったという。

また、「ツイスト・アンド・シャウト」の演奏と共に流れる映像は、1963年11月20日のマンチェスターのABCシネマでの様子。なんと、この映像はデジタル修復され、さらにカラーで蘇った世界初公開のもの。ほかにも、当時20代前半だったビートルズが、世界各地で熱狂的に迎えられ「プレッシャーを感じていた」という意外な本人たちのインタビューも収録されている。

中盤には、武道館公演のステージに上がるメンバーの様子も映し出されており、日本のファンにとっても期待が高まる映像となっている。


『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』は9月22日(木・祝)より角川シネマ有楽町、TOHOシネマズ新宿ほか全国にて公開。

最終更新:7月3日(日)19時0分

cinemacafe.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。