ここから本文です

『オカルティック・ナイン』 ゲーム版の開発は順調!? 志倉千代丸氏が示したキーワードとは?【5pb.祭り】

ファミ通.com 7月3日(日)16時37分配信

●志倉千代丸氏が示したゲームのキーワードとは
 5pb.は、本日2016年7月3日に開催した“5pb.祭り2016”のステージイベントにおいて、『オカルティック・ナイン』の最新情報を公開した。
 志倉千代丸氏の小説を原作として、コミックやテレビアニメ化、そしてゲーム化が発表されている同プロジェクト。“5pb.祭り”のステージイベントでは、ゲーム化について、つぎのようなキーワードが示された。

・アニメ版にはなかった驚きのルートが入る
・本作のトリガーは“アフィトリガー”(“アフィリエイトトリガー”の略)
・主人公のアフィリエイトブログに載せるキーワードを集め、そのブログの編集方針によってアクセスが増えるなどして、物語が分岐する(予定)
・マルチエンディング

 また、2016年放映予定とされているテレビアニメについて、7月クールが始まった現在つぎは10月クールしかないのでは……という、明言こそしなかったものの、かなり突っ込んだ発言もあった。ちなみに、テレビアニメが先発で、ゲーム化はそれ以降となる。また気になる原作小説版、最新第3巻は9月25日発売予定。

※写真は配信番組をキャプチャーしたものです

最終更新:7月3日(日)16時37分

ファミ通.com

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。