ここから本文です

ダンボールで作っちゃいました…大野萌菜美作品展 7月18日まで

レスポンス 7月3日(日)20時0分配信

「大野萌菜美のダンボール作品展」が東京・銀座のチーパズギャラリーで開催中だ。戦車やスニーカー、映像作品に登場するメカやビークルなどをモデル化した。「ダンボールで何でも作る」が謳い文句。

[関連写真]

“ダンボール女子”大野萌菜美(おおの・もなみ)は大阪芸術大学卒業。もともとアニメ作家志望だったが、大学でのアニメ制作の際に、人手とコストのかからない素材としてダンボールに行き着く。ダンボールは大手通販もパッケージで多用している3mm厚で、試してみたら意外と工作での使い勝手が良かったそうだ。

同じ頃、全くの別の機会に戦車にまつわるエピソードを聞いて、興味を持ち、ダンボールで戦車をモデル化したのが最初だという。

ダンボールだと造形の再現性は限られてくる。「忠実に再現したいならプラモデルでいい」と大野は語る。「この要素は捨てる、この要素は捨てられない、とモデルをキャラクター化する」と、制作を説明する。車両の足回りなど、実物さながらの部品構成だ。「対象への思い入れが強い。知らないことを知りたいと思う」結果らしい。

ダンボールの厚みやテクスチャーを巧みに生かしたのが大野作品の特徴だ。ダンボール製だとすぐにわかるが、それゆえにダンボール製であることに驚かされる。展示は18日まで、入場無料。企画・主催はスタジオ・ハードデラックス。

《レスポンス 高木啓》

最終更新:7月3日(日)20時0分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。