ここから本文です

首位キープ 谷原、メジャー3大会出場見えた

デイリースポーツ 7月3日(日)6時59分配信

 「男子ゴルフ・セガサミーカップ・第3日」(2日、ザ・ノースカントリーGC=パー72)

 谷原秀人(37)=国際スポーツ振興協会=が6バーディー、1ボギーの67と伸ばし、通算14アンダーで首位を守った。2位のタイヤゴーン・クロンパ(タイ)とは4打差。今季初優勝を飾れば、全米オープン、全英オープンに続いて、今年メジャー3大会目となる全米プロの出場権獲得が濃厚となる。矢野東(35)と重永亜斗夢(27)が通算8アンダーの5位につけた。

 「チャンスですね。これで負けたらショック。勝ちきらないと話にならない」。谷原から優勝宣言が飛び出した。上り調子のショットを武器に、前半だけで4つ伸ばした。後半は14番で2メートル弱を3パットしたが、18番で上からの6メートルを決め、2位に4打差をつけた。

 ドラコン王・安楽拓也プロのレッスンDVDを買って参考にしていると明かしたのは前日。「今まであまりしていなかった体重移動を積極的にやっている。映像では分かりにくいが、気持ちでは変わっている」と、積極果敢にドライバーを振り抜いている。

 6月の全米オープンは日本予選を経て初め出場し、4日間プレーした(51位)。全英オープン(14~17日)の出場も決めている。メジャー最終戦の全米プロ(28~31日)は世界ランキング100位以内に出場権を与えられるのが慣例。現在103位の谷原はあと一息だ。

 「最終日もふだん通りに」。大会名誉会長である長嶋茂雄氏からの優勝トロフィーと、自身初の同一年メジャー3大会出場に王手だ。

最終更新:7月3日(日)8時3分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]