ここから本文です

セブ・パシフィック航空、マニラ=ビラク線を週5往復に増便

レスポンス 7月3日(日)21時30分配信

フィリピンの格安航空会社(LCC)、セブ・パシフィック航空は6月30日、マニラ=ビラク線を週5往復(月・水・木・金・日)に増便したと発表した。

ビラクはフィリピン・カタンドゥアネス島南部の町で、同国最大の島・ルソン島南部を中心とするビコール地方に位置する。今回の増便により、ビコール地方へ向かうフライトの選択肢が広がった。セブ・パシフィックはマニラからビコール地方のレガスピ、ナガにそれぞれ直行便を運航している。

増便分のフライトスケジュールは次の通り。821便はマニラを8時15分に出発し、ビラクに9時20分に到着。822便はビラクを9時50分に出発し、マニラに10時50分に到着する。運航曜日は木曜日。

《レスポンス 日下部みずき》

最終更新:7月3日(日)21時30分

レスポンス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]