ここから本文です

松岡茉優、“芸能界の父”山寺からの手紙にウルル

映画.com 7月3日(日)15時33分配信

 [映画.com ニュース] 女優の松岡茉優が7月3日、都内で行われた、声優出演している映画「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」の完成披露試写会に登壇し、“芸能界の父”と慕う山寺宏一からの手紙というサプライズ演出に、感激の涙をみせた。

【フォトギャラリー】松岡茉優、山寺宏一らが出席した舞台挨拶の様子はこちら

 今年で19作目となる劇場版「ポケモン」で、アニメの声優に初挑戦した松岡。2008~10年年、山寺が出演する「おはスタ」に“おはガール”として参加しており、同番組卒業後、山寺と再び一緒に仕事をすることを夢見てきたという。それだけに、出演者として同じ舞台挨拶に立つことに感激しきり。山寺と主人公・サトシ役の松本梨香を見やり、「ここからのアングルは、私にとって夢でした! 夢って望んでもいいんだなと今、思います」としみじみと語っていた。

 舞台挨拶終盤には、完全サプライズで山寺が前夜にしたためたという、松岡宛の手紙を読み上げた。手紙には、「おはスタ」で初めて松岡に会ったときの印象、その後の番組で見せた松岡のユーモアの才能への称賛に加え、「今では素晴らしい女優に成長し、まぶしいくらいの存在です。刺激、パワーをもらっています」と活躍を称えた。そして「茉優は茉優らしく、幸せな人生を歩んでくれることを願っています。自慢の娘・茉優へ。一生あなたの応援隊長・山ちゃん」と締めくくると、松岡はたえきれず目頭をおさえ、抱擁を交わしていた。

 降壇後、報道陣の取材に応じた松岡は「山ちゃんと一緒に『ポケモン』を見に行きたい!」と満面の笑み。「2人で?」と“娘”からのデートの誘いにウキウキの山寺だったが、松本が「行ったらいいんじゃない? なんでこの人が2回も結婚して私は…」と話題を転換し、笑いを誘っていた。松岡は、改めて山寺からのサプライズにおはガール時代を思い出したと明かし「初めて“父”に泣かされました」と笑みを浮かべていた。

 なお、この日はほかに中川翔子、あばれる君、湯山邦彦監督も登壇した。「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z『ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ』」は、7月16日から全国で公開。

最終更新:7月3日(日)16時41分

映画.com