ここから本文です

滝沢秀明「どうなっちゃうの?」甘いセリフの連続に行く末を案じる

シネマトゥデイ 7月3日(日)16時50分配信

 俳優の滝沢秀明が3日、都内で行われたTBS系火曜ドラマ「せいせいするほど、愛してる」完成披露特別試写会に武井咲と共に出席。普段は言わない甘い台詞の連続に「最終回の頃には慣れちゃってどうなっちゃうんだろう」と不安をのぞかせた。

滝沢秀明、「どうなっちゃうの?」甘い台詞の連続に自身の行く末を案じる 画像ギャラリー

 本ドラマは、北川みゆきの同名漫画の実写化。ジュエリーブランド「ティファニー」の広報部で働く主人公・栗原未亜(武井咲)と副社長で既婚者の三好海里(滝沢秀明)との禁断の恋愛を軸に、個性豊かな人物たちが複雑に絡み合う人間模様を描く大人の群像劇。

 劇中、「ここにいてくれ。命令だ」「その風邪、俺にうつせよ」など、武井が「どうしても笑ってしまう」という甘い台詞を、時にはカメラ目線で言わなければいけない滝沢は、「毎日が不安で、どういう言い回しが良いのか迷いがあったりします」と打ち明けつつ、「普段は言わないですけど、最終回の頃には慣れちゃってどうなっちゃうんだろう」と苦笑い。しかし、そんな照れ臭い台詞も「胸いっぱい伝えるのでキュンキュンしていただきたい」と声を張ると、自身のエアギターを弾くシーンと、武井の一人カラオケシーンを見どころとして紹介。また、「不倫か? 純愛か?」という本ドラマのテーマについては、「非常に難しいテーマだと思います。形は不倫かもしれませんが、恋をしている当事者二人にとっては純愛に見えるのか……。置かれている環境や観る方によって答えが違うのかな」とコメントした。

 一方の武井も完成した1話は「恥ずかしくてまともに観られない」とはにかみ。当初、キャリア初の「大人のラブストーリー」に心配し、子供の頃からテレビで観ていた滝沢との共演に緊張もあったという。しかし、鑑賞後、観客から盛大な拍手をもらうと、安堵の表情。スローモーションで見つめ合って笑い合うシーンでは、「笑顔が素敵な方なので、まじまじと見られてラッキーと思いました」と役得だったことも明かし、笑いを誘った。

 この日は武井、滝沢のほか、中村蒼、トリンドル玲奈、中村隼人、横澤夏子、和田安佳莉、GENKING、神野三鈴、松平健がダイヤモンドをふんだんにあしらった総額2億円のティファニーのジュエリーを身に着けて登場した。(取材/錦怜那)

連続ドラマ「せいせいするほど、愛してる」(毎週火曜よる10時~)はTBS系にて7月12日より放送(初回15分拡大)

最終更新:7月3日(日)16時50分

シネマトゥデイ