ここから本文です

楽都に歌声響く 3日まで郡山わくわくフェスタ

福島民報 7月3日(日)9時27分配信

 福島県郡山市の中心市街地を盛り上げる「2016元気応援!!郡山わくわくフェスタ」は2日、開幕した。初日はJR郡山駅西口駅前広場、なかまち夢通りで小学校合唱交流会など多彩な催しを繰り広げ、多くの来場者でにぎわった。3日まで。
 今年で12回目となる恒例イベントで、福島民報社、市、郡山商工会議所などでつくる実行委員会の主催。小学校合唱交流会では市内の朝日が丘、大島、開成、薫、富田東、芳賀、緑ケ丘一の7校の合唱部が2カ所に設けられたステージで発表し、まちなかに元気な歌声を響かせた。
 民族衣裳文化普及協会は「ゆかたファッションショー」を実施した。フリースタイルフットボールの世界大会準優勝の横田陽介さんが率いるグループ・ボールビートクルーがパフォーマンスを披露し、リフティング教室も開催した。
 3日は西口駅前広場、なかまち夢通り、大町通りでさまざまな企画を展開する。初の中学校合唱交流会を午前10時半から午後2時まで催し、4校の合唱部が出演する。フリースローコンテストは午前11時、午後1時半、午後2時半からの計3回、なかまち夢通りで開き、各回先着20人が出場できる。ゲストで福島ファイヤーボンズの村上慎也選手が訪れる。
 「高校生応援団エール交歓会&チアリーダー」は午前11時からと午後1時から大町通りで実施し、高校生がパフォーマンスを繰り広げる。引き続き金魚すくい大会を駅前広場、ふれあい動物園をなかまち夢通りで催す。

福島民報社

最終更新:7月3日(日)11時6分

福島民報