ここから本文です

<HUNTER×HUNTER>再び休載へ 「次号よりしばらくの間休載」と発表

まんたんウェブ 7月4日(月)0時0分配信

 「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の冨樫義博さんの人気マンガ「HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)」が、11日発売の同誌32号からしばらく休載することが4日、分かった。4日発売の同誌31号で「次号よりしばらくの間休載いたします」と発表された。再開時期は今後、同誌で発表される。「HUNTER×HUNTER」は、4月18日発売の同誌20号で約1年8カ月ぶりに連載が再開されたことも話題になり、以降は連載が続いていたが、再び休載されることになった。

【写真特集】冨樫義博 「東京喰種」作者と対談も話題に…

 同作は、1998年に「週刊少年ジャンプ」で連載を開始。数回の休載をはさみながら連載していたが、「蟻編」に続く「選挙編」を終え、新しいエピソードに突入したばかりの2012年3月に連載を休止。14年6月に約2年3カ月ぶりに連載を再開したが、作者の腰痛のため、同年8月に再び休載となった。今年4月に約1年8カ月ぶりに連載が再開されていた。

 「HUNTER×HUNTER」は、幼いころに別れた父と同じプロハンターになるため故郷を旅立った少年、ゴン・フリークスが、暗殺一家に育ったキルアら仲間たちとともに、冒険を繰り広げる姿を描いている。99年に一度テレビアニメ化され、スタッフ、キャストを一新した2回目のアニメ版が11~14年に日本テレビで放送された。

最終更新:7月4日(月)0時0分

まんたんウェブ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。