ここから本文です

阪神・西岡 勝利呼ぶ先制打&“奇襲”ダブルスチール! 金本監督も絶賛

デイリースポーツ 7月3日(日)9時0分配信

 「中日2-3阪神」(2日、ナゴヤドーム)

 一番欲しかった先制点は、阪神・西岡剛内野手のバットから生まれた。二回無死二塁。小熊のシュートを強引に引っ張った。打球は右翼手の前で弾み、二走・福留が生還。阪神の元気印は、沸き上がる三塁ベンチに向かって何度も手をたたいた。

 「勝ちたい一心です」

 7番・北條の死球で1死一、二塁。続く岡崎の4球目だった。ダブルスチールを敢行し、西岡は三塁ベースへ猛然とスライディング。「常に前の塁は狙っている」と、相手守備陣の意表を突く奇襲作戦が奏功。8球目、小熊の暴投で背番号7が2点目のホームを踏んだ。

 6月30日・DeNA戦は、久保康の前に散発3安打完封。7月1日・中日戦は、ジョーダンに7回2/3を2安打に抑え込まれていた。今季ワーストの借金8で迎えた一戦。金本監督は「そういうのをできるのが、(西岡)剛だからね」と好走塁を褒めちぎった。

 6月1日。腰痛を訴えた上本に代わり、1軍への緊急昇格が決まった。4月に痛めた左太もも裏は5月中旬に再発。昇格の連絡を受けた当日は、ウエスタン・広島戦でやっと実戦復帰したところだった。万全とはいえない状態に不安は募る。奮い立たせてくれたのは掛布2軍監督だった。

 「剛、もういけるだろう。お前は技術じゃなくて気持ちで打てる選手なんだから。(仙台へ)行ってこい!」

 6月2日・楽天戦(コボスタ宮城)では、「2番・指名打者」で先発出場。昇格即安打に加え、持ち前の積極走塁で勝利を呼び込んだ。「僕自身、焦りもあったし驚きもあった。でも、必要とされていることを意気に感じたかったんですよね」

 この日の試合後、西岡は自身の信念を語った。苦しむチームへの、熱いメッセージのようにも聞こえた。

 「目の前に壁があるところで、そのまま立ち止まっているのか。それとも、ぶつかってぶつかってぶち破っていくのか。僕は後ろの方を考えています」

 困難から逃げていて成長はない。もがき苦しんだ先に答えはある。だから、今はただ前に進もう。タイガースには、西岡がいる。

最終更新:7月3日(日)9時18分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]