ここから本文です

矢吹春奈 綾野剛の「俺、したいっス」発言で急きょ大胆濡れ場

東スポWeb 7月3日(日)19時43分配信

 女優・矢吹春奈(31)が3日、都内で行われた映画「日本で一番悪い奴ら」のトークイベントに、白石和彌監督(41)と登場した。

 2002年に北海道警の警部が、覚醒剤取締法違反と銃砲刀剣類所持取締法違反で逮捕された日本警察史上、最大の不祥事・稲葉事件をモチーフにした同作で、矢吹はすすきのの高級クラブのホステスを熱演した。

 見どころは何といっても、主演・綾野剛(34)との大胆な濡れ場だ。しかし、白石監督によると「台本にはセックスするって書いてなかった」という。「綾野君と(演出を)どうするか話していたら『監督、俺、セックスしたいっス』って」と、矢吹の色気にヤラれた綾野のスケベ心で急きょ追加されたという。

 しかも「矢吹さんには詳細に言わないで『もしかしたら(キスの)先までいくかも』くらいに伝えただけ」(白石監督)と、まるで“だまし撮り”だったが、さすがは矢吹。「ナイトドレスの中にマイクを仕込んでたんですけど、脱がされても、何が起こってもいいようにマイクを外しました」と女優魂を見せつけた。

最終更新:7月3日(日)19時43分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。