ここから本文です

松岡茉優、「おはスタ」時代の恩師・山ちゃんの手紙に感涙!

Movie Walker 7月3日(日)18時8分配信

夏の風物詩として例年子どもたちを楽しませている「ポケモン映画」。今夏の最新作『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ』(7月16日公開)の完成披露試写会が、7月3日にTOKYO DOME CITY HALLで行われ、ゲスト&レギュラー声優陣が舞台挨拶を行った。

【写真を見る】手紙に感動した松岡茉優が山寺と抱擁!

注目が集まったのは、ゲスト声優の山寺宏一と松岡茉優の“再会”。「おはスタ」で19年間MCを務め、先日番組から卒業した山寺と、08年から2年間おはガールとして「おはスタ」に出演していた松岡。師弟のような、親子のような関係を結ぶ二人が、本作で念願の再共演を果たした。

山寺は「『おはスタ』は卒業しましたが、ポケモンの声優は続いています(笑)。元おはガールの(松岡)茉優もいるから、久々にやっちゃおうかな。せーの、おーはー!」と松岡と一緒におなじみの挨拶を披露。このコラボレーションに、会場からは盛大な拍手が起こった。

松岡は山寺との思い出をかみしめながら「山ちゃん(山寺)は芸能界のお父さん。アフレコは別々の日だったのに、山ちゃんは私のためにアフレコ現場に来て、指導してくれたんです。『おはスタ』で再共演を誓った山ちゃんと作品を作ることができて幸せ」と語り、笑みを見せた。

舞台挨拶中には、山寺がサプライズで松岡に手紙を読む場面も。「泣きたくなかったのに!」と、すでに涙腺が崩壊気味の松岡に対して、長文の手紙を読み上げる。

「おはガール卒業から6年、素晴らしい女優に成長した茉優は、僕にとってまぶしいくらいです。直接会ってみると以前と変わらない茉優がいて、ちょっと安心しました。頑張りすぎて疲れたとき、思わぬ壁にぶつかったとき、僕や『おはスタ』の仲間のことを思い出してくれたら嬉しいです。茉優が茉優らしく、幸せな人生を歩んでくれることを一番に願っています。自慢の娘・茉優へ。一生あなたの応援団長・山ちゃんより」。

この手紙に松岡は思わず感涙し、山寺と抱擁。涙をぬぐいながら「私ぐらいの年齢になると、親に素直にありがとうと言える。芸能界のお父さん、山ちゃんにもありがとうの気持ちでいっぱいです」とコメントした。

この日、二人のほかに登壇したのは中川翔子、あばれる君、松本梨香、湯山邦彦監督。全員が夏らしい浴衣姿で登場し、ポケモントークで親子連れの観客を楽しませていた。主題歌を担当したアーティスト・YUKIからビデオメッセージが届くなど、豪華な面々による“ポケモン愛”あふれる舞台挨拶となった。

【取材・文/トライワークス】

最終更新:7月3日(日)18時8分

Movie Walker