ここから本文です

1万8000円のマウンテンバイクでダウンヒルしたらエライことになった

ねとらぼ 7月3日(日)19時25分配信

 ウォルマートで売られていた179ドル(1万8300円前後)のマウンテンバイク(街乗り用)でダウンヒルに挑戦する動画がYouTubeに投稿され、100万再生を突破するなど話題です。

【ハンドルが一周してる……!】

 挑戦に使用するのは「Huffy」が販売しているマウンテンバイク「Carnage 3.0」。安定性とサスペンションの良さが売りのようですが、急斜面を自転車で駆け降りる「ダウンヒル」に耐えられるのでしょうか……。

 前代未聞のチャレンジに挑むのはプロMTBライダーのフィル・キメツさん。ダウンヒル界で知らぬ人はいないほどの存在です。

 そしていよいよコースイン、ガタガタの山道にも果敢に挑戦し序盤から飛ばし気味です。急なカーブも巧みな運転でクリアしていきますが、ここで突然の停車。自転車のブレーキべダルから「ゴムが溶けたにおいがする」というのです。怖すぎるよ……。

 それでも走行再開。ジャンプできそうな箇所を発見して軽々ジャンプするフィルさん。と、着地に失敗してまさかの大転倒。いくらプロライダーとはいえ、やはり悪路での着地は難しかったかと思いきや、原因はハンドルにありました。着地そのものはうまくいっていたのですが、着地時の衝撃でハンドルのステムが緩み、ハンドルがぐるっと回転してしまったのです。ひぇ~怖い!

 しかし、ここで終わらないのがフィルさん。ハンドルに応急処置を施して再びコースへ。ただブレーキングは完全ではないようで脚でブレーキをかけたりしながらなんとかスタート地点に戻ってきました。すごいな~この人。

 「スタート地点に着いてこんなにうれしかったことはない」と語っているように、今回の挑戦はプロライダーでもってしても容易ではなかったようです。挑戦終了後の車体チェックでは、ハンドルステム部分のネジが2本であったことがわかりました。通常ダウンヒルなどを行うための車体であれば4本で留められているそうです。

 フィルさんは、価格帯を考えると悪くないと思う、とマウンテンバイクを評価しつつも「本格的なライドをする場合にはオススメできないね。そういう場合にはもう少しお金を出して本格的に走れるバイクを選ぶことを強くすすめる」と締めくくりました。

 低価格帯の自転車が流行していますが、用途によって使用する自転車をきちんと選ばなくてはいけませんね。

最終更新:7月3日(日)19時25分

ねとらぼ