ここから本文です

一番くじ「ふしぎの国のアリス」発売、チェシャ猫ぬいぐるみなど景品18種

映画ナタリー 7月3日(日)18時2分配信

「一番くじ ふしぎの国のアリス~Go to Wonderland~」が、7月上旬よりローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、スリーエフなどで販売される。価格は1回620円。

【この記事の関連画像をもっと見る】

「一番くじ ふしぎの国のアリス~Go to Wonderland~」は、A賞からH賞までの8等級全18種およびラストワン賞の中から、必ず景品が当たるハズレなしのキャラクターくじ。チェシャ猫のぬいぐるみ、マッドハッターの帽子クッション、ヤングオイスターのティーカップフィギュア、アリスの飼い猫ダイナの巾着ポーチや、物語のシーンをデザインに落とし込んだ文房具セットなどがラインナップに並ぶ。ラストワン賞、そしてくじの半券から応募できるダブルチャンスキャンペーンには、アリスを“ふしぎの国”へと導いた白うさぎのぬいぐるみが用意された。各アイテムの詳細は「一番くじ」の公式サイトにて確認を。

なおティム・バートンが製作を務めた実写映画「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」が全国の劇場で公開中。

最終更新:7月3日(日)18時2分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。