ここから本文です

大原櫻子レコ発イベントに3000人集結、新曲初披露も

音楽ナタリー 7月3日(日)18時23分配信

大原櫻子がニューアルバム「V」のリリースを記念したトークイベントを、本日7月3日に神奈川・ラゾーナ川崎プラザ2Fルーファ広場で開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

広場に集まった約3000人の観客からの「さくちゃーん!」という呼び込みでステージに登場した大原は、会場の様子を見渡して「すごい人!」と驚いた様子を見せる。そして「こんにちは、大原櫻子です! 今日は短い時間ですがよろしくお願いします!」と笑顔で挨拶した。

イベントは事前にTwitterでファンから募集した質問に答えるQ&Aコーナーからスタート。大原は「夏の思い出で最初に思い浮かぶものは?」「10代のうちにやっておいた方がいいことは?」「今回のアルバムを一言で表すと?」など、バラエティに富んだ質問に次々と答えていった。

Q&Aコーナーが終わると大原は「今日はこんなにたくさんの方が集まってくださってるので、新曲を披露したいと思います!」とサプライズライブを行うことを明かしてファンを喜ばせる。まず最初に歌ったのは、この日がライブ初披露となったアルバム収録曲「サイン」。大原はこの曲について「映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の撮影が終わってすぐの頃にすでにいただいていた曲で、大人っぽい私を見せられる1曲です。初披露なので緊張しますが、今日は私のことをご存知ない方もたくさんいらっしゃると思うので、聴いていただけたらうれしいです」と語り、ピアノアレンジに乗せて美しい歌声を響かせた。

最後に大原は「せっかくなのでもう1曲、楽しい曲をやりたいと思います!」と話し、「真夏の太陽」をアコースティックバージョンで熱唱。タンバリンを叩きながら元気いっぱいにパフォーマンスする彼女に、オーディエンスも熱い手拍子を贈った。歌い終えた大原は「ここに来てくれた皆さんに新曲を届けられて本当に良かったです。8月からツアーも始まるので、みなさん、ぜひ遊びに来てください!」と挨拶し、ステージを後にした。このリリースイベントは7月10日に、愛知と大阪でも行われる。

最終更新:7月3日(日)18時23分

音楽ナタリー