ここから本文です

大阪桐蔭と東海大相模が練習試合 大阪桐蔭が逆転勝ち

デイリースポーツ 7月3日(日)13時26分配信

 「練習試合 大阪桐蔭6-5東海大相模」(3日、舞洲)

 昨年の選手権を制した東海大相模と、一昨年の選手権王者・大阪桐蔭が、夏の大会開幕を前に練習試合を行った。

 ゲームは、ともにエースでドラフト候補の大阪桐蔭・高山と東海大相模・北村が投げ合う展開に。四回に東海大相模が2死からの連打で1点を先制したが、直後の五回表、大阪桐蔭は1死二塁から中山の中越え適時三塁打で追いつき、なおも1死満塁から4番・三井の右邪犠飛で試合をひっくり返した。

 以降は大阪桐蔭がスクイズを仕掛けるなど、本番さながらのゲーム運びで5点のリードを奪ったが、東海大相模も譲らない。5点を追う八回裏に無死一、二塁からダブルスチールを成功させ、3点差に迫ると、最終回は2番手の香川から3本の長短打を放って点差はついに1点。なおも2死二塁と一打同点のチャンスを作ったが、最後は一昨年の王者が逃げ切った。

 大阪桐蔭・西谷浩一監督は「しっかりいろんな勉強ができたと思います。ダブルスチール?門馬監督らしい采配だなと思いました」と振り返っていた。

最終更新:7月3日(日)13時28分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)