ここから本文です

阪神・ゴメスが先制打 チーム79試合目で51打点

デイリースポーツ 7月3日(日)14時22分配信

 「阪神-中日」(3日、ナゴヤドーム)

 阪神のマウロ・ゴメス(31)が、先制適時打を放った。

 一回先頭の西岡が出塁してすかさず盗塁すると、1死二塁で打席が回ってきた。カウント2ボールからの3球目を左前に運び、西岡がホームに生還した。

 自身51打点目で、好投手・吉見から貴重な先制点を奪ったゴメスは、「インコースのボール球を我慢強く見逃せて、カウントを有利にすることができたので、ベースの上を通るボールだけを狙って打ちにいった。内野手の間を抜ける当たりになってくれてよかった」とコメントした。

 その後、2死一、二塁となるも、後続が倒れて追加点は奪えなかった。

最終更新:7月3日(日)15時7分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月30日(金)