ここから本文です

日本ハム・大谷 ビデオ判定で援護点が幻に 柳田が好返球

デイリースポーツ 7月3日(日)15時45分配信

 「ソフトバンク-日本ハム」(3日、ヤフオクドーム)

 「1番・投手」で先発した大谷翔平投手の援護点が幻と消えた。

【写真】日本ハムに内紛?中田翔に腕を掴まれ大谷が直立不動に…

 2-0で迎えた八回、1死二塁から中田が中前へはじき返すと、二走の西川が本塁へ生還。球審の判定は「セーフ」となり、日本ハムファンは歓喜の声を上げた。

 ところが、ソフトバンクの工藤監督がVTR検証を要求。中堅・柳田の送球を受けた捕手・細川が、西川の背中に捕球したミットでタッチしており、判定は覆って「アウト」となった。

 大谷は初回、初球を先頭打者本塁打。右中間への10号アーチで先制点を自らたたき出し、六回には中田の押し出し死球で追加点をもらった。

 投げては七回まで5安打されているが、スコアボードに「0」を並べている。

最終更新:7月3日(日)15時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報