ここから本文です

阪神の高山が6月10日以来のタイムリー

デイリースポーツ 7月3日(日)15時51分配信

 「中日-阪神」(3日、ナゴヤドーム)

 阪神の高山俊外野手(23)が、点差を3点に縮める2点適時二塁打を放った。

 5点を追う四回、福留、北條の安打で2死一、三塁。好機で迎えた第2打席に、中日先発・吉見の130キロ変化球を左中間にはじき返した。2人がホームに生還。

 6月28日以来、4試合ぶりの打点で、自身29打点目は6月10日以来のタイムリーで挙げた。

最終更新:7月3日(日)15時55分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報