ここから本文です

広島今季最多の13得点!新井3ランなど4本塁打、5カード連続勝ち越し

デイリースポーツ 7月3日(日)16時41分配信

 「DeNA6-13広島」(3日、横浜スタジアム)

 広島打線が4本塁打13得点と爆発した。今季最多得点。貯金は今季最多タイの16にした。初回に1-0から新井貴浩内野手が7号3ランを放ち、試合の流れをつかんだ。また、5カード連続勝ち越しを決めた。

 初回、松山の適時打で先制した後、2死一、三塁で迎えた新井打席。7球目を左翼席にたたきこんだ。試合後、ヒーローインタビューに呼ばれた新井は「何点あってもこの球場は心配なので、ランナーを続けて返そうと思って打席に入りました」と喜んだ。

 新井は九回にも適時打を放つなど5打数4安打。1-4で敗れた2日の試合に続く2試合連続での本塁打と猛打賞となり、「今日は試合に勝てたので猛打賞も素直に喜べます」と表情も明るかった。

 この日は新井が火をつけた広島打線が爆発。下水流が代打で出場した六回に2号2ラン、続く打席の八回に3号ソロと2打席連続本塁打を放つなどチーム4本塁打、13得点と威力を発揮した。新井は「自分のバッティングというより、下水流“さん”だと思ったんですけど…。僕ですいません」と恐縮していたが、セ・リーグ1の攻撃力は健在だった。

 DeNAは先発のモスコーソが4回6失点KO。筒香が18、19号、宮崎が8号本塁打を放ったが、打ち勝てなかった。

最終更新:7月3日(日)17時6分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報