ここから本文です

西武、連敗6で止める 中村が決勝点

デイリースポーツ 7月3日(日)17時26分配信

 「楽天3-4西武」(3日、コボスタ宮城)

 西武が連敗を6で止め、1日で楽天と入れ替わり、再び4位に上がった。3-3の九回1死二塁から中村の左前適時打で1点を勝ち越した。

 0-3の五回は無死一、二塁から秋山、中村の連続適時打と1死満塁から渡辺の犠飛で同点に追い付いた。先発・多和田は4回5安打3失点。4番手の武隈が5勝目(2敗)、増田が13セーブ目(3勝3敗)を挙げた。

 決勝点を含む2打点の中村はヒーローインタビューで、「(九回は)何とかランナーを返そうと積極的にいった。自分の中での感じは悪くなかったので、そろそろ打てるかなと思っていた。チームが負けているときも、自分が打っていれば勝てた試合があったので、これからもっと仕事をしたい」などと語った。

 楽天は連勝が3で止まった。初回は2死からの攻撃でウィーラー、今江の適時打とエラーで3点を先制したが、逆転された。先発・戸村は5回5安打3失点。5番手・ミコライオが1敗目(2勝)。

最終更新:7月3日(日)17時53分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]