ここから本文です

ゆずステージに内村航平、吉田沙保里ら飛び入り参加 五輪結団式&壮行会

デイリースポーツ 7月3日(日)18時33分配信

 リオデジャネイロ五輪(8月5日開幕)に出場する日本選手団の結団式と壮行会が3日、東京都内で行われた。

【写真】内村だけじゃない 吉田沙保里もゆずと一緒に熱唱

 結団式には皇太子ご夫妻が出席され、式典に参列した選手、役員約300人を激励。女性初の夏季五輪主将でレスリング女子53キロ級4連覇を目指す吉田沙保里と旗手を務める陸上・十種競技の右代啓祐(スズキ浜松AC)に直接お声をかけられた。

 また、壮行会では人気デュオのゆずがライブを行い、2004年アテネ五輪のNHKの公式テーマソングとして有名な「栄光の架け橋」とヒット曲の「夏色」を熱唱した。

 「夏色」のアンコールでは、日の丸柄のタンバリンを持った北川悠仁が吉田やアテネ以来の団体金メダルを目指す男子体操の内村航平(コナミスポーツ)を舞台に上げると、陸上のケンブリッジ飛鳥(ドーム)らほとんど全員の選手が自ら舞台上に飛び入り参加。内村らがゆずとともに歌う一幕もあり、観客も豪華ライブを総立ちで見守っていた。

最終更新:7月3日(日)19時59分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。