ここから本文です

ブラジルの19歳めぐり争奪戦が勃発 ジェズスに欧州ビッグクラブが注目

デイリースポーツ 7月3日(日)18時34分配信

 U-23ブラジル代表FWガブリエル・ジェズスに対し、欧州ビッククラブの注目が高まっている。2日のスペイン紙エル・ムンド・デポルティボ、スポルトなどは、19歳の新星が今夏の移籍市場で大きな注目を集める可能性があると報じている。

 すでに白熱している争奪戦に新たに参戦したのがバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)。ジェズスの権利の一部を所有している代理人は「(バイエルンの)関係者がサンパウロにいて何試合か見ていると聞いている。関係者から私に電話があり、いくつかの質問を受けた」とコメント。ジェズスに対してはバルセロナ、レアル・マドリードのスペイン勢のほかユベントス、インテルといったイタリア勢も獲得に積極的な姿勢を見せている。

 なおスペイン2チーム以外にパリ・サンジェルマン(フランス)とマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)、バイエルンが2400万ユーロ(約27億4000万円)で同選手を獲得できる有利な位置につけており、その他は4000万ユーロ(約45億7000万円)が必要な規定になっている。

 ジェズスはサンパウロ出身の19歳。昨年3月、当時17歳にしてパルメイラスのトップチームでデビューし、ブラジルU-20、U-23代表を経験。ブラジル国内では「ロナウジーニョの再来」「ネイマールを超える才能」といった評価もある。

最終更新:7月3日(日)18時34分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。