ここから本文です

広島・緒方監督、打線爆発の立役者・新井に最敬礼「初回から最後まで」

デイリースポーツ 7月3日(日)20時53分配信

 「DeNA6-13広島」(3日、横浜スタジアム)

 広島の緒方孝市監督が新井に最敬礼した。

 39歳のベテランは1点を先制して迎えた初回に7号左越え3ラン。四回に右翼線を破る二塁打を放つと、七回は左前打だ。九回にも左前2点適時打で、この日4安打5打点と大暴れした。

 菊池が前日に痛めた左肩の影響でスタメンを外れる中、チームは新井の奮闘に呼応し今季最多タイの17安打で最多得点の13点を奪った。指揮官は「きょうは打線でしょう。先発全員安打は逃したけど、しっかりと点を取ってくれた。その中で新井が初回から最後までよく打ってくれた。さすがベテランだね」と声をはずませた。

 チームは5カード連続で勝ち越しに成功。貯金を今季最多タイとなる「16」とし、2位・中日とのゲーム差をついに2桁の「10」に広げた。

最終更新:7月3日(日)21時26分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報