ここから本文です

【F1】ヒュルケンベルグ、2010年ブラジルGPを回想

ISM 7月3日(日)18時21分配信

 オーストリアGP予選を3位で終えたニコ・ヒュルケンベルグは、ポールポジションを狙った2010年ブラジルGPを思い出したと述べた。

 ヒュルケンベルグは、ウェットからドライに変わった予選Q3で最初にスリックタイヤに交換したドライバーで、暫定ポールを2度、獲得した。

 最終的にヒュルケンベルグは、メルセデスドライバーの二人に次ぐ3位に落ち着いたが、ニコ・ロズベルグのギアボックスペナルティにより2位からレースをスタートする。

 ウィリアムズでのデビューシーズンでポールポジションを獲得した時と同様のコンディションを活かしたヒュルケンベルグは「ブラジルを思い出したよ」とコメント。

 「クルマの感触は本当によかったから、それを思い出した」

 「正直なところ、もう少しうまくやれると思ってさえいたから、彼(レースエンジニア)が3位と言った時、ちょっとがっかりしたよ。でも、それでもチームの努力は素晴らしかった」

 「タイミングがすべてだった。クルマのパフォーマンスはよかったし、まとめることができたから、本当にしっかりとした仕事をしたし、明日に向けてかなりいいポジションだよ」

 チームメイトのセルジオ・ペレスは、右リアサスペンションのトラブルによりQ2で敗退し、日曜日のレースを16位からスタートする。(情報提供:GP Update)

最終更新:7月3日(日)18時21分

ISM