ここから本文です

大渕弁護士が第2子妊娠「行列-」で報告…代役・三輪記子弁護士の名に笑顔消える

デイリースポーツ 7月3日(日)22時14分配信

 俳優・金山一彦の妻で弁護士の大渕愛子氏が、第2子を妊娠していることが3日、分かった。同日に放送され、レギュラーを務める日本テレビ系「行列のできる法律相談所」(日曜、午後9・00)の番組内で公表した。

 大渕弁護士は「私事ですが、第2子を妊娠しました」と報告。現在妊娠5カ月で、今年12月に出産予定という。

 今後当面は仕事を続け、体調をみながら産休に入るという。これにフットボールアワー後藤輝基が祝福しながらも「産休に入ってここ(弁護士席)、その間また別の女性弁護士に…」と話し出すと、大渕弁護士は「ちょっと!」と制止。後藤は続けて「また三輪さんに来ていただいていいですね」と、大渕弁護士のレギュラーの座を狙っているとされ、犬猿の仲で論争になったこともある三輪記子弁護士の代役を打診すると、大渕弁護士は低い声で「それは、ちょっと…」と首を振って拒否していた。

 大渕弁護士は14年8月に金山と入籍し、15年3月に第1子の長男を出産している。

 大渕弁護士は放送後に事務所を通じ「安定期に入りましたので報告させて頂きます」「昨年の3月に長男が産まれ、現在、1歳3カ月になります。『弟か妹ができたらいいね』と、夫と話しておりましたので、とても嬉しく思っております」とのコメントを発表した。

最終更新:7月3日(日)22時43分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。