ここから本文です

麻央「結婚してよかった」と感謝メッセージ 海老蔵「なんだそりゃ」と目を赤く

デイリースポーツ 7月4日(月)1時18分配信

 歌舞伎俳優・市川海老蔵と長男の堀越勧玄くん(3)が、3日放送の日本テレビ系「おしゃれイズム」(日曜、午後10・00)に出演。収録は6月9日に、海老蔵が妻でフリーアナウンサーの小林麻央が乳がんで闘病中であることを明かした会見の後に行われた。

【写真】10年7月、結婚指輪を披露する海老蔵と麻央

 番組では麻央がアンケートに答える形で家族への思いなどを回答した内容が紹介された。「勧玄はじっとしていられるが、主人はじっとしていられない」と海老蔵をイジるなど、ユーモアたっぷりに回答し、スタジオが笑いに包まれる一幕も。

 海老蔵は麻央との「夫婦の時間」を「尊い時間です」と大切にしていることをしみじみと語った。番組の最後には麻央の「意外に思われるかも知れませんが、父としても夫としても想像以上です。とても感謝しています。結婚して本当によかったです」とのメッセージが読み上げられ、これに海老蔵は「なんだそりゃ!」と照れながら喜び、目を赤くしていた。

 番組冒頭では、勧玄君が出演した経緯について、麻央からの「まだ3歳だから…ということはなく勧玄の話の内容を尊重しています。本人に決めさせるので、おしゃれイズムさんへの出演も、勧玄が『出る』と決めました」とのメッセージも紹介された。

 勧玄くんは緊張気味ながらも海老蔵の横で椅子に“王様座り状態”でスタジオをほのぼのとさせた。くりぃむしちゅー・上田晋也が話しかけるも、反応が少なく、上田は「いやいやホント安定感あるわ~。江戸時代なら16代将軍に任命されてるわ」と笑わせていた。

最終更新:7月4日(月)17時24分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。