ここから本文です

【MLB】Wソックス、エース左腕C.セールが両リーグトップの14勝目

ISM 7月3日(日)12時46分配信

 現地2日、シカゴ・ホワイトソックスのエース左腕クリス・セール投手が、敵地で行われたヒューストン・アストロズ戦に先発登板。7回0/3を6安打、1四球、9三振、5失点(自責点は4)の内容で、両リーグトップの14勝目(2敗)を手にした。

 セールは初回、指名打者ホセ・アルテューベに14号ソロを浴びて先制を許すと、3回には再びアルテューベとカルロス・コレア遊撃手の連打などで3点を失う。しかし、1点ビハインドで迎えた5回に味方打線が逆転すると、8回に無死二、三塁としたところでマウンドを降りるまで、アストロズに得点を与えなかった。

 ホワイトソックスは5対4で迎えた8回、J.B.シャック外野手とティム・アンダーソン遊撃手の連続タイムリーで2点を追加。その後は奪ったリードをリリーフ陣が守りきり、7対6で勝利した。守護神のデービッド・ロバートソン投手が今季22セーブ目をマークしている。

 セールは、「正直に言うと、自分は今日の勝利にあまり絡んでいなかった」とコメント。「役割を果たせなかった」と述べると、「チームメイトが試合開始直後から援護してくれた。だから自分もお返しをする番だと思ったんだ」と、中盤からの立て直しを振り返った。

 なお、ア・リーグの投手としてオールスターブレーク前に14勝を挙げたのは、2000年に15勝(2敗)で前半戦を終えたデービッド・ウェルズ(当時ブルージェイズ)以来、最多となっている。(STATS-AP)

最終更新:7月3日(日)18時6分

ISM

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]