ここから本文です

【GOLF】谷原が逃げ切りでツアー12勝目! 23歳今平が3位タイ

ISM 7月3日(日)16時53分配信

 国内男子ツアーの長嶋茂雄 INVITATIONALセガサミーカップが3日、北海道のザ・ノースカントリーゴルフクラブを舞台に最終ラウンドの競技を終了。谷原秀人がイーブンパー72で回り、通算14アンダーで今季初勝利を挙げた。

 後続に4打差をつけてスタートした谷原は、3番パー3でバーディチャンスを逃すと、続く4番ではボギーが先行。一時1打差まで詰められたものの、8番パー4でバーディを取り返すと、サンデーバックナインでは14番でバーディをマーク。終盤の17番でボギーを叩いたものの、2位以下に2打差をつけて逃げ切り、昨年11月以来となるツアー12勝目を手にした。

 通算12アンダー単独2位にはタンヤゴーン・クロンパ(タイ)。2番から連続バーディを奪うと、10番でもスコアを伸ばしたが、12番パー3で痛恨のダブルボギーを喫し、初優勝は持ち越しとなった。通算11アンダー3位タイに23歳の今平周吾と矢野東。通算10アンダー5位タイには、藤本佳則とデービッド・オー(米)が並んでいる。

 アマチュアの小西健太(東北福祉大4年)が通算6アンダー22位タイでローアマチュアを獲得。また、世界ランキングで日本人2番手につける池田勇太は、ノーボギーの7アンダー「65」と猛チャージを見せ、通算7アンダー14位タイでフィニッシュ。同3番手の片山晋呉は通算2アンダー45位タイに終わっている。

最終更新:7月3日(日)16時53分

ISM

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]