ここから本文です

【MLB】イチロー日米通算115三塁打で福本豊氏の日本記録に並ぶ 3000安打まで「11」

Full-Count 7月3日(日)7時0分配信

第2打席で右中間破る三塁打で1打点、メジャー通算2989安打で3000本まで残り「11」

 2日(日本時間3日)に敵地でのブレーブス戦に「1番・ライト」で3試合ぶりに先発したマーリンズのイチロー外野手が、第2打席に右中間に適時三塁打を放った。これで日米通算115三塁打となり、福本豊氏が持つ日本記録と並んだ。またメジャー通算750打点と記録した。

現役選手はイチロー含め3人ランクイン MLB歴代通算安打数ベスト50

 記念すべき1本は、2点ビハインドの3回2死二塁の場面で生まれた。カウント2-2から、ブレーブス先発ハレルの投じた5球目外角チェンジアップを一振りすると、打球は右中間を真っ二つに割った。二塁走者だったディートリッチが悠々とホームインする間に、イチローは快足を飛ばして一気に三塁へ。チームに貴重な得点をもらたらした。

 今季初となった三塁打は、メジャー通算92本目。日本で打った三塁打23本と合わせると、日米通算115本となり、現役時代は快足で鳴らした福本豊氏の日本記録115本に並んだ。オリックスの前身・阪急ブレーブスで活躍した福本氏は、通算1065盗塁の日本記録も持ち、これは1992年にリッキー・ヘンダーソンに破られるまで世界最多記録で、“世界の福本”とも呼ばれた。

 この日は、第1打席は右翼フライ、第3、4、5打席は空振り三振で、5打数1安打1打点。打率は.338となった。

 試合は、前日に代打決勝打を放ったエース右腕フェルナンデスが炎上し、1-9で敗れた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月3日(日)8時12分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報