ここから本文です

セブン―イレブン、進出予定の沖縄は地域密着で。独自商品の専用工場も

ニュースイッチ 7月3日(日)9時6分配信

全国でも「実験型店舗」倍増へ

 セブン―イレブン・ジャパン(東京都千代田区)は、全国のコンビニエンスストア店舗で地域密着の取り組みを進める。店舗独自の品ぞろえや売り場の配置をする実験「ストアイノベーション」型店舗の数を、現在の2倍超にあたる約20店に拡大する。

 同社は2012年に「ストア・イノベーションプロジェクト」を発足した。川崎市や京都市などに、地域の食文化に合った商品を並べたり、女性誌の横に化粧品を並べたりといった独自の取り組みをする店舗を置いている。

 同社は全国の店舗を約20の地域に分けて管理している。独自の取り組みをする店舗は、全地域に1店舗ずつ配置する方針だ。

 唯一出店していない都道府県である沖縄県では2―3年後の出店を計画しており、おにぎりや弁当などで、沖縄県独自の商品開発も見込む。県内に専用工場を設ける予定で、出店数や地域は今後詰める。

最終更新:7月3日(日)9時6分

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]