ここから本文です

錦織 左脇腹の痛みで「正直、楽しくない」 4回戦はチリッチ<男子テニス>

tennis365.net 7月3日(日)2時19分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会6日目の2日、男子シングルス3回戦が行われ、雨で2度も中断する中、第5シードの錦織圭(日本)が2年ぶりのベスト16進出を決めた。試合後の会見では、左脇腹の痛みに耐えながら試合を行うことについて「正直、(試合を)やっていて楽しくない」と明かした。

錦織vsチリッチ 1ゲーム速報

前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)で痛めた左脇腹は癒えておらず、その中で世界ランク42位のA・クズネツォフ(ロシア)を7-5, 6-3, 7-5のストレートで下し「自分の痛みと戦う時の方が多かった。痛みとともに今週はやらないといけない」とコメント。

続けて「テニスに集中出来ない。自分の体にムチを打って戦うのみ」と話した錦織は、第9シードのM・チリッチ(クロアチア)との4回戦に向けて「サービスが強力なので、リターンゲームに集中する」と気を引き締めた。

両者がグランドスラムで顔を合わせるのは2014年の全米オープン決勝以来で、過去は錦織から7勝3敗。

もし錦織がチリッチに勝利すると、日本男子で1995年の松岡修造(日本)以来21年ぶりのベスト8進出となる。


【錦織圭 過去のウィンブルドン】

<2015年>
・2回戦 敗退 S・ヒラルド(コロンビア) 棄権
・1回戦 勝利 S・ボレッリ(イタリア) 6-3, 6-7 (4-7), 6-2, 3-6, 6-3

<2014年>
・4回戦 敗退 M・ラオニチ(カナダ) 6-4, 1-6, 6-7 (4-7), 3-6
・3回戦 勝利 S・ボレッリ 3-6, 6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-4
・2回戦 勝利 D・クドラ(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-1
・1回戦 勝利 K・ド=シェッパー(フランス) 6-4, 7-6 (7-5), 7-5

<2013年>
・3回戦 敗退 A・セッピ(イタリア) 6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6
・2回戦 勝利 L・マイェール(アルゼンチン) 7-6 (7-5), 6-4, 6-2
・1回戦 勝利 M・エブデン(オーストラリア) 6-2, 6-4, 6-3

<2012年>
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 6-7 (3-7), 1-6
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

tennis365.net

最終更新:7月3日(日)4時9分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。