ここから本文です

あと10分遅ければ清武の下にライバルが…… 土壇場で決まった天才MFのPSG移籍

theWORLD(ザ・ワールド) 7/3(日) 7:00配信

セビージャとのサインに近づいていた

今夏の人気選手の1人となっていたMFハテム・ベン・アルファは、最終的にPSG行きを選択した。ベン・アルファも夢が叶ったと語っていたが、実はセビージャ移籍にも近づいていたようだ。

スペイン『MARCA』によると、ベン・アルファは今回のPSG移籍が土壇場の出来事だったとコメント。10分遅ければセビージャの選手になっていた可能性もあったようだ。

「スペインに向かう前に、PSGが待つよう言ってきた。彼らは本当に僕を欲しがっていたからね。それは本当に土壇場の出来事だったよ。僕はセビージャとサインするところまできていたけど、僕はPSGとサインした。これは運命だ」

「エメリと話す機会があったけど、それもとてもよかった。彼はすでに少しフランス語を話していて、素晴らしいよ」

仮にベン・アルファがセビージャに加入していれば、日本代表MF清武弘嗣とポジションを争うことになったかもしれない。清武には大きな期待がかけられているが、ベン・アルファとの真っ向勝負になれば少々苦しい。セビージャにとっては残念な結果だったかもしれないが、清武としては少しばかり幸運な結果となった。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/3(日) 7:00

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報