ここから本文です

西日本・東日本太平洋側を中心に猛列な暑さに 熱中症に警戒

ウェザーマップ 7月3日(日)11時26分配信

 きょう3日は西日本や東日本の太平洋側を中心に高気圧に覆われて晴れているほか、南から暖かく湿った空気が流れ込んでいるため、午前中から各地で気温が上がっている。

 午前11時までの最高気温は、三重県尾鷲市で35.7℃、山梨県大月市で35.4℃を観測し猛暑日に、全国の280地点で30℃以上の真夏日になっている。
 この後もさらに気温が上がり、静岡や高松などでも最高気温35℃が予想されている。
 また午前11時現在、東京、神奈川、埼玉など全国11の都府県に高温注意情報が発表されている。東京と神奈川では今シーズン初めての高温注意情報の発表となった。

【きょう3日の予想最高気温】
35℃ 静岡 高松など
34℃ 東京 熊谷 大阪 岡山など

夜も気温あまり下がらず

 夜にかけても気温はあまり下がらず、今夜は大阪や福岡などで25℃を下回らない熱帯夜が予想されている。

 こまめな水分補給や休憩、冷房を適宜使うなどの熱中症対策を心がけ、また、夜間の熱中症にも注意が必要だ。

最終更新:7月3日(日)15時0分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。