ここから本文です

錦織 順延決定の遅さ、笑顔で「ちょっとだけキレそうでした」<男子テニス>

tennis365.net 7月3日(日)5時3分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会6日目の2日、男子シングルス3回戦が行われ、雨で2度も中断する中、第5シードの錦織圭(日本)が2年ぶりのベスト16進出を決めた。試合後の会見で、前日は雨で長時間待たされ、この日への順延決定が遅かったことについて「ちょっとだけキレそうでした」と笑顔で話し、記者たちを笑わせた。

錦織vsチリッチ 1ゲーム速報

3回戦は1日に行われる予定だったが悪天候により2日へ順延し、左脇腹の痛みを抱える錦織にとって恵みの雨となった。

会見では「昨日はやりたくはなかった。もうちょっと早く決断してくれたら」と話し「チキショーって感じです」と笑顔で当時の心境を明かした。

迎えた世界ランク42位のA・クズネツォフ(ロシア)との3回戦は「朝から体が自然と動いた。最初の数ゲームは理想のテニスが出来た」と雨で2度も中断する中で7-5, 6-3, 7-5のストレート勝ち。

4回戦では第9シードのM・チリッチ(クロアチア)と対戦する。両者がグランドスラムで顔を合わせるのは2014年の全米オープン決勝以来で、過去は錦織から7勝3敗。

もし錦織がチリッチに勝利すると、日本男子で1995年の松岡修造(日本)以来21年ぶりのベスト8進出となる。


【錦織圭 過去のウィンブルドン】

<2015年>
・2回戦 敗退 S・ヒラルド(コロンビア) 棄権
・1回戦 勝利 S・ボレッリ(イタリア) 6-3, 6-7 (4-7), 6-2, 3-6, 6-3

<2014年>
・4回戦 敗退 M・ラオニチ(カナダ) 6-4, 1-6, 6-7 (4-7), 3-6
・3回戦 勝利 S・ボレッリ 3-6, 6-3, 4-6, 7-6 (7-4), 6-4
・2回戦 勝利 D・クドラ(アメリカ) 6-3, 6-2, 6-1
・1回戦 勝利 K・ド=シェッパー(フランス) 6-4, 7-6 (7-5), 7-5

<2013年>
・3回戦 敗退 A・セッピ(イタリア) 6-3, 2-6, 7-6 (7-4), 1-6, 4-6
・2回戦 勝利 L・マイェール(アルゼンチン) 7-6 (7-5), 6-4, 6-2
・1回戦 勝利 M・エブデン(オーストラリア) 6-2, 6-4, 6-3

<2012年>
・3回戦 敗退 J・M・デル=ポトロ(アルゼンチン) 3-6, 6-7 (3-7), 1-6
・2回戦 勝利 F・セラ(フランス) 6-3, 7-5, 6-2
・1回戦 勝利 M・ククシュキン(カザフスタン) 7-5, 6-3, 6-4

<2011年>
・1回戦 敗退 L・ヒューイット(オーストラリア) 1-6, 6-7 (4-7), 7-6 (9-7), 3-6

<2010年>
・1回戦 敗退 R・ナダル(スペイン) 2-6, 4-6, 4-6

<2008年>
・1回戦 敗退 M・ジケル(フランス) 6-4, 5-7, 途中棄権

tennis365.net

最終更新:7月3日(日)5時6分

tennis365.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。