ここから本文です

イブラヒモビッチ1人で51得点、マンUはチームで49得点 ギグス「イブラ獲得は素晴らしいこと」

theWORLD(ザ・ワールド) 7/3(日) 10:50配信

得点力アップに期待

マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が決定したFWズラタン・イブラヒモビッチは、チームにとってどれだけ大きな補強なのか。それを最も理解している人物の1人が今季までアシスタントコーチを務めてきたライアン・ギグスだ。

英『Daily Mail』によると、ギグスは今季のマンUに得点が欠けていたと主張し、実績あるストライカーを獲得できたことの大きさについて語った。また、イブラヒモビッチには得点部分だけではなくマーカス・ラッシュフォードやアントニー・マルシャルら若手選手の育成も任せられると大きな期待をかけている。

「イブラヒモビッチ獲得は素晴らしいことだと思うね。今季のマンUは得点が不足していたけど、イブラヒモビッチは実績のあるストライカーだ。それに選手としても勝者だしね。ラッシュフォードなどは経験あるイブラヒモビッチから直接学んでもらいたいね」

イブラヒモビッチは今季フランスのリーグ・アンで実に51の得点に関与している。もちろんリーグ・アンとプレミアリーグではレベルに違いはあるものの、今季マンUはリーグ戦で49得点しか奪っていない。このデータを見るだけでイブラヒモビッチに期待してしまうというものだ。

イブラヒモビッチの他にヘンリク・ムヒタリアンも加入したことで攻撃陣が充実してきたが、来季のマンUは点を奪える魅力的なチームになれるか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7/3(日) 10:50

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合