ここから本文です

ラケット破壊し罰金のセリーナ 「今年は少ないからOK」<女子テニス>

tennis365.net 7月3日(日)11時34分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は2日、S・ウィリアムズ(アメリカ)に対して、スポーツマンらしからぬ行為をしたとして1万ドル(約100万円)の罰金を科す決断を下した。

錦織vsチリッチ 1ゲーム速報

女子シングルス第1シードのセリーナの罰金は、1日に行われた2回戦のC・マーケイル(アメリカ)との試合での振る舞いに対して科されていた。彼女は、第1セットを接戦の末に落としてからコートサイドのベンチに座ると、何度もラケットを芝のコートへ叩きつけ、壊れたラケットを後ろにいるテレビカメラマンの方へ放り投げつけていた。

その試合で逆転勝利を収めたセリーナは試合後、きっと罰金が科されるだろうと語り、今シーズンはラケットを壊したことでかなりの罰金になっているのではとジョークを飛ばしていた。

「テニス人生を通して何本もラケットを壊している。そのことで罰金も何度も科された。実際、全仏オープンやローマ大会ではラケットを壊してはいなかったと気付いたほど。一年間にある程度のラケットは壊している。今年は若干少なかったから、OKだとしよう。」とセリーナは、ラケットを壊す常習犯だと認めていた。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月3日(日)15時1分

tennis365.net