ここから本文です

ヒューイット組 3時間58分の大接戦制す、全英複2回戦へ<男子テニス>

tennis365.net 7月3日(日)12時25分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は大会6日目の2日、男子ダブルス1回戦が行われ、L・ヒューイット(オーストラリア)/ J・トンプソン(オーストラリア)組がN・アルマグロ(スペイン)/ D・マレーロ(スペイン)組を6-7 (6-8), 6-4, 19-17の大接戦の末に下し、2回戦進出を果たした。試合時間は3時間58分だった。

錦織vsチリッチ 1ゲーム速報

前日の雨により、ヒューイット/ トンプソン組から見て第1セットのゲームカウント3-2から再開された。

コート9で行われたこの試合は、全豪オープンを最後に引退したヒューイットを一目見ようと、大勢の観客に埋め尽くされた。そして「カモン、レイトン!」と叫ぶ観客に後押しされたヒューイット/ トンプソン組が激闘の末に勝利を手にした。

2回戦では、第8シードのV・ポスピシル(カナダ)/ J・ソック(アメリカ)組と予選を勝ち抜いたQ・ハリス(フランス)/ T・ラマシン(フランス)組の勝者と対戦する。

シングルスで元世界ランク1位のヒューイットは、これまでにシングルスで通算30勝、そのうちグランドスラムでは2001年の全米オープン、2002年のウィンブルドンで優勝している。

tennis365.net

最終更新:7月3日(日)12時25分

tennis365.net