ここから本文です

積極補強のパリ、次は26歳の“ボール奪取のエキスパート”とサインへ「まもなく僕の去就に関する発表があると思う」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月3日(日)13時40分配信

恩師を追いフランスへ

ウナイ・エメリは自身のフットボールには欠かすことのできない愛弟子をフランスへ連れて行くことになりそうだ。フランス王者パリ・サンジェルマンが、スペインのセビージャに所属するポーランド代表MFグジェゴジ・クリホヴィアクの獲得に接近している。

先日、PSGへの就任が正式に発表されたスペイン人監督エメリは、フランスにおける新たな挑戦の“お供”として守備のエキスパートを選び、一部報道ではすでにクリホヴィアクはPSGと個人間合意に達しているとも報じられた。選手本人もフランスの名門との交渉が進行中であることを認めている。フランス『RMC』がクリホヴィアクのコメントを伝えた。

「PSGと交渉を進めていることは事実だ。でもまだ合意に達しているわけではない。もちろんポーランドがユーロから敗退したから、間もなく僕の去就に関するニュースがあると思うけどね」

26歳のポーランド代表MFはかつてボルドーやランスでもプレイした経験があり、パリ・サンジェルマンにとっても理想の補強となりうる。なお同選手に対してはイングランドのアーセナルも獲得を噂されていたが、生粋のボールハンターは恩師の後を追うことになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月3日(日)13時40分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。