ここから本文です

全英恒例休日なし 歴史上4度目、ズベレフは4日連続試合の可能性も<テニス>

tennis365.net 7月3日(日)21時34分配信

ウィンブルドン

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は、1週目と2週目の間の日曜日をミドル・サンデーと呼び、試合が行われないのが恒例となっているが、今年は雨により大幅にスケジュールが崩れたことで139年の歴史の中で4度目のミドル・サンデーに試合が組まれた。

錦織vsチリッチ1ゲーム速報

3日の日曜日、チケットは2日の午後に大会主催者からオンラインで販売が開始されたが、わずか27分で完売してしまった。

今年の全豪オープンでグランドスラム初優勝を飾ったA・ケルバー(ドイツ)は「このウィンブルドンでは特別なこと。明日試合が行われるのは、本当に異例。なぜなら、ウィンブルドンでは伝統的に日曜日に試合は行われないから。でも今年はやらなければならない」と2日に語った。

これまでミドル・サンデーに試合が行われたのは、1991・1997・2004年だけだった。

3日、女子シングルス前年度チャンピオンで第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)は、センターコートでAn・ベック(ドイツ)との3回戦に登場する。

昨年、セリーナはこのウィンブルドンを制したことでグランドスラム4大会連続勝利を飾り、その後の全米オープンでは年間グランドスラム達成まであと2勝と迫っていたが準決勝で敗退。今年の全豪オープンと全仏オープンはいずれも決勝戦で敗れ、タイトル獲得に至っていない。

その他で注目を集める試合は、前哨戦のゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハーレ、芝、ATP500)でR・フェデラー(スイス)を下す金星を飾るなど、成長著しいA・ズベレフ(ドイツ)が第10シードのT・ベルディヒ(チェコ共和国)と対戦する。ベルディヒは2010年のウィンブルドンで準優勝者。

ズベレフは1日に行われた2回戦が雨のため2日へ順延し、2日に2回戦を終えた。そのため3日に3回戦を行うことで、3日連続の試合となった。その3回戦に勝つと、4日の月曜日に4回戦が組まれる可能性もある。

「明らかにタフなスケジュールだし、土曜日に2回戦を戦っているのも厳しい現状。明日もまた試合をしなければならない。簡単なスケジュールではない」とズベレフは想いを述べていた。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月3日(日)21時34分

tennis365.net