ここから本文です

SB柳田、衝撃のレーザービーム 1度はセーフもリプレー検証で覆りアウト

Full-Count 7/3(日) 15:43配信

日ハム中田の中前打をつかみ、本塁ノーバウンド送球で刺す

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が3日の日本ハム戦(ヤフオクドーム)で衝撃のレーザービームを見せた。

 2点ビハインドの8回1死二塁。中田の打球はライナーで中前へ。猛チャージをかけた柳田は素早い打球処理で本塁・細川へノーバウンドでストライク送球した。

 細川が懸命に本塁突入した西川をタッチ。一度セーフの判定だったが、工藤監督がビデオ判定を要求。本塁クロスプレーのリプレー検証の結果、判定はアウトに覆った。本拠地・ヤフオクドームは大歓声に包まれ、柳田は少しだけ誇らしげだった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/3(日) 15:43

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています