ここから本文です

英紙がドイツ対イタリア戦を採点 イタリア撃破に最も貢献したスターはGKノイアー「ボヌッチのPKは……」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月3日(日)17時30分配信

無失点を貫いていたノイアー

現地時間2日、ワールドカップ王者ドイツと今大会絶好調のイタリアによる一戦は、PK戦を制したドイツがベスト4進出を決めた。ドイツはメスト・エジルのゴールで先制するも、78分にPKからレオナルド・ボヌッチに同点弾を決められ1-1に。PK戦までもつれ込むとGKマヌエル・ノイアーが9人目のキッカーを止め、最後にヨナス・ヘクターがゴールを決めて勝利を手にした。

英紙『Daily Mail』による試合後の採点(10が最高評価)では、GKマヌエル・ノイアーが両チームを通じて最高評価となる「9」を獲得。「ドイツの英雄は決定機を2本防いだ。77分に決められたボヌッチのPKはEURO2016で初失点だった」と寸評された。次いで高い評価となる「8」を得たのは、ジェローム・ボアテングとマッツ・フンメルスでドイツは守備陣が高い評価を獲得した。

一方のイタリアではアンドレア・バルザーリ、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジュ・キエッリーニが「8」と高評価。イタリアの3バックは「芸術的で素晴らしい」と絶賛された。ドイツもイタリアも互いに守備陣が高く評価された試合となった。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月3日(日)17時30分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報