ここから本文です

今季初カード3連敗 大谷に“完敗”、SB工藤監督「やられました。見ての通り」

Full-Count 7月3日(日)17時37分配信

先発の中田には「悪くはなかった」も…大谷の衝撃先頭打者弾に「先制パンチとして痛かった」

 3日、ソフトバンクは日本ハムに0-2で連日の零封負け。今季初の同一カード3連敗を喫し、2位に浮上した日本ハムとのゲーム差は6.5に縮まった。

ソフトバンク、過去10年のドラフト指名選手一覧

 日本ハムは先発の大谷翔平を1番打者に起用。その大谷が、ソフトバンクの先発・中田賢一の初球を本塁打する衝撃的な幕開け。6回には、内川聖一のエラーをきっかけに満塁とされると、中田翔への押し出し死球で2点目を献上。ソフトバンク打線は、大谷に対して初回から4イニング連続で得点圏に走者を置きながら「あと一本」が出なかった。

 試合後の工藤公康監督は「(大谷に)やられました。見てのとおりです」とひと言。打者・大谷に浴びた先頭打者弾についても「先制パンチとしては痛かったね」と振り返った。

 6回1/3を投げ、2失点で負け投手になった中田については「いつもみたいに四球、四球というわけではなかったし、2点目は押し出しの死球こそあったけど、それも逃げてのピッチングではなかったからね。内容的には悪くはなかった」と評価する。

 その中田を援護すべき打線は、大谷に8回で10個の三振を奪われ、スコアボードに「0」を並べていった。

「見逃しじゃなければ、打ちにいっての三振ならいいんだよ。ボール球を振るのは良くないけどね。相手ピッチャーだって三振を取りにくるわけだから。三振が悪いんじゃなくて、相手が投げたいような配球で抑えられていることが問題。そこは、バッター心理よりもむしろピッチャー心理を理解しないといけない。昨日の有原くんもそうだけど、(大谷も)こっちがまっすぐを狙っていると思ったら早目に変化球に変えてきた。それにどう対処するかが大事なんだ」

月末のハム3連戦に向けて「一人ひとりの調子を上げることが大事」

 今季初の同一カード3連敗。今月29日からは、同じ週末カードとして札幌ドームでの3連戦が待ち受ける。

「月末までには先発ローテが変わる可能性だってある。相手だって調子がいい時があれば悪い時もあるわけだし、(この3連戦とは)立場が逆転する場合もある。そんなことよりも、ウチの選手一人ひとりの調子を上げていくことが大事だと思う。

 長いシーズンでは負けることもあるし、3連敗することもあるよ。それをこの後のゲームでどうしていくのかが大事。確かに3連敗は痛いけど、まだゲーム差はある。そこに余裕を持つのは良くないけど、また切り替えてカード勝ち越しを狙っていくしかない。しんどい時期はあるが、そこをどうがんばり抜くかだと思う」

“眼下の敵”との6戦を2勝4敗。もう一度勢いを取り戻すためにも、火曜日からのオリックス戦、金曜からの楽天戦での打線の復調を期待したい。

藤浦一都●文 text by Kazuto Fujiura

最終更新:7月3日(日)17時37分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合10月1日(土)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。