ここから本文です

「ドルトムントは0でバイエルンは8つ」 タイトルを求めて去ることを決心したフンメルス

theWORLD(ザ・ワールド) 7月3日(日)19時0分配信

反発には「驚いた」

ドイツ代表DFマッツ・フンメルスにとってやはりタイトルというものが移籍に大きく作用したようだ。

EURO2016開幕前にドルトムントからバイエルンへの移籍が発表されたフンメルス。ライバル間での移籍だったため、ドルトムントファンから大きな反発を受けている。これに関してフンメルスは独『Sport Bild』で「驚かされたよ。僕はドルトムントに永遠に残るなんて言ったことはなかった。昨年、僕は自分の将来について考えていると発表もしたしね。スポーツ的な観点でバイエルンへ行くわけではない。ドルトムントでのここ4年間は素晴らしかった。しかしタイトルは0でバイエルンは8つだ」と話している。

また、マンチェスター・シティへの移籍が発表されたギュンドアンやまもなくマンチェスター・ユナイテッドへの移籍が完了するムヒタリヤンについては「僕個人が彼らの去る理由をあれこれ話したくないけど、早い段階から彼らがそういう意思を持っていることはわかっていた」とコメントした。

ドルトムントとしては痛いところを突かれたといったところかもしれない。フンメルスは来季念願のタイトルを獲得することはできるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月3日(日)19時0分

theWORLD(ザ・ワールド)